京都で前撮りすれば結婚式での負担が軽くなります

人生で一番輝いている結婚式を、写真に残したいとお考えの方に朗報です。スタジオ撮影も良いけれど、ロケーションの素敵な京都で前撮りはいかがでしょうか。結婚式での負担も軽くなります。

 

結婚が決まって、いざ準備を始めると嬉しい反面、本当に面倒なことばかりですね。細かい打合せの作業や費用について、色々と神経を使うことが多いものです。

準備期間をのりきっても、いざ結婚式当日も朝早くからやらなければいけないことが多いため、できれば当日の負担を減らしておくべきでしょう。
たとえば、結婚式の記念写真は前撮りをしておくことをおすすめします。疲れた表情で写ってしまうこともありません。

写真は、ちょっとした表情の撮り直しや化粧直しなどで出来が変わるものですが、当日ではそこまで時間をかけられないでしょう。そこで前撮りなら、満足がいくまで時間をかけることができますし、当日とは違う衣装を着ることも可能です。

撮影する場所はスタジオでも良いですが、京都ではいかがでしょうか。日本以外にも世界中の人々を魅了してやまない古都・京都での撮影なら、洋式・和式のどちらのスタイルでも素敵な写真に仕上がることでしょう。

二次会の金券の景品を節約するコツとは

二次会でビンゴ大会やくじびき大会を行った時、金券を景品にすることも多いです。利点は当たった本人が好きなものを買うことができること。

そのため、必要がないものが当たるよりも嬉しい人もいて、二次会でのプレゼントとして根強い人気です。

景品として買う時は、金券ショップを利用するのがコツです。

その理由は、デパートなどで購入すると10,000円なら10,000円の金額で買わなくてはいけません。ですが、値引きしていると9,800円程度で買うことができ、若干ですがお得です。

そのため、上手に節約するには1枚はデパートなどで買い、正式な袋をもらいます。
その後、9枚を値引き金額で買います。

正式な袋をもらえるので、二次会でプレゼントにする時も恥ずかしくなく、もらった方にはバレません。

二次会の予算は限られているので、わずか数百円でも節約したい場合もあるでしょう。

そんな時は、安く購入して上手にやりくりをするのがポイントです。

京都のスタジオで行う和装での前撮り

京都の結婚式といえば和装をイメージする人も多いですが、挙式の際にはドレスをチョイスする人も多いです。

その事情としてはお色直しの兼ね合いなどもありますし、式場の混雑状況などに合わせて時間の割り振りを鑑みてそのようにする人もいます。

そして、動きやすさやドレスへの憧れからもそのようにする人もいます。しかしながら、スタジオでの前撮りに関しては和装を選択する人も多いです。
日本人ならではの民族衣装であり、文化を継承する美しい衣装を身に着けての撮影は一生の思い出にもなります。

また京都では風情ある街並みでの撮影をしたり、スタジオ内でも素敵な演出をすることで、その写真を年賀状に使ったりする人もいます。
結婚するときには一生に一度のことですので、思い出になるようなことをすると夫婦にとっても両親やその他の家族や友人にとっても幸せな気持ちが増します。

より美しく写るためにエステティックサロンなどで磨きをかけることもできます。

京都での和装の前撮りの小物について

京都など趣のある街では結婚式の前撮りを行なう人もいます。

もちろんスタジオでの撮影もできますが、町並みの風情を感じながら、しっとりとした風景と一緒に撮るのもいいものです。

また京都の風景と和装はマッチしますので人気があります。

スタジオでの場合も街での場合も、小物を用いてそれらしい雰囲気を出すこともできます。

和傘などを用いることで、着物の柄を引き立たせる効果もありますし、被写体の存在感を強調できることもあります。結婚式当日の撮影との違いは、気持ちも落ち着いていますし、肌の状態などを考慮した撮影が行えることも言えます。

さらには、感動の涙でメイクが落ちてしまうというトラブルも起こりうるため、事前に撮影する人も増えています。

事前の撮影をしておくと、本番はドレスで撮影は和装という選択肢もあり、より多くの衣装を身につけたり、たくさんの思い出を育むことができますので、男女ともにメリットがあり、とても好まれています。

二次会の景品は定番だけでは面白くありません

結婚披露宴や忘年会、歓迎会などのイベントの後は、二次会がつきものです。
ある意味、二次会のほうが堅苦しさを感じずに盛り上がることができ、むしろ、楽しみにしている人が多いというのが事実です。
そんな二次会で、景品を用意したゲームをすると、参加者からは大いに喜ばれるものです。
ですから、二次会の景品というのは、思いのほか重要なポイントになってきます。
参加者がもらってうれしい景品を用意するのは当然ですが、意外と、その選択は難しいものです。
定番的な景品では、いまどきの時勢ですから、さほどのインパクトを与えないのが実際です。
それなら、サプライズ的な豪華景品をそろえておくほうが、二次会の雰囲気ははるかに良くなります。
ディナークルーズペアチケットや最新のゲーム機、生活家電、高級和牛など、普段から欲しいと思っていても、なかなか手が出ないハイレベルなものを準備しておくと、参加者全員の注目を集めることは間違いありません。
二次会景品の専門業者もいますので、相談してみるのも一つの選択肢となります。

二次会で楽しまれる景品や罰ゲームを使ったゲーム

結婚式というと、二次会が欠かせません。新婦新郎の友人が一堂に会して、みんなの親睦を深めるためにとても有効だからです。

その二次会では、簡単なゲームを行うととても盛り上がります。

ここで紹介するゲームは、宝探しゲームという名前です。会場に隠されたコインを全員で探し出す遊びです。幸せになれるコインを探し当てた場合は景品を、呪われたコインを探し当てた場合は罰ゲームをうけなければいけません。二次会でやると、盛り上がるゲームとして人気です。

やり方は、まずは隠せそうな場所に、封筒でくるんだコインを隠します。

そして制限時間を決め、その時間内にみんなでコインを探してもらいます。制限時間になったら、1人ずつ新郎新婦の前で封筒を開封していきます。

封筒には景品や、罰ゲームが書かれているので、それに従わなければいけません。たとえば、罰として「歌う」とかかれていたら、それに従います。また、景品として「商品券」と書かれていたら、もらうことができます。
 

実は、私は歴史好きの城郭好き。

実は、私は歴史好きの城郭好き。
ただ”城郭好き”といっても、もっとも興味があるのは「石垣」。天守閣や隅櫓、枡形門も、もちろん好きなのだが、やはり「石垣」の魅力は格別だ。
で、この写真。右と左で、積み方が違うでしょ。
右側の縦横に四角く積まれているのが、西洋の積み方。レンガと同じ積み方です。
左が日本式の積み方です。ナナメに積んでいくのが、特徴です。職人さんにとっては、日本式の積み方の方が楽チンらしいです。なんでも、石の加工が楽だとか。
この石垣、一般の家庭の石垣なんですが、結構古い(住んでる人、ゴメンナサイ!)、いや、歴史を感じる家。家自体は比較的新しそうですが、基礎部分は結構年代もののよう。
なんで、こんな積み方になっちゃったのか、不思議です。同じように、途中で積み方が西洋→日本という風になっているところが、東京にあるそうです。電車の線路の基礎部分として、明治のころに積まれたものだそうですが、なんで途中で積み方が変わっちゃったかというと、「職人さんが、面倒くさくなったから」だそう。途中までは西洋式にレンガを積むように積んでいったが、いかんせん面倒くさい。そこで、途中から慣れた日本式の積み方に変えた、ということ。
この家の石垣の積み方の真相は、よくわからないが、普段の光景の中の思いがけない発見でした。

京都でレンタルできる着物:色留袖

京都では着物を着る機会が非常に多く、様々な種類の着物や和装小物類などがレンタルできるようになっています。

訪問着や無地といったオーソドックスなものももちろん豊富にありますが、京都では日常的なお出かけや、様々なイベントの時などに、季節やイベントの格式などに応じて適切な着物を着ることが当たり前になっていますので、色留袖のようなあまり購入されないタイプのものもレンタルすることができます。

色留袖は、黒留袖よりは格がやや下がるものの、紋の入った礼装として着用します。

やや身近な親戚の結婚式や改まった式典などに着ていけば間違いのない選択ですが、京都には有名な染めや織りの反物が大量に入荷されてきますので、レンタルでも華やかな色合いや豊富な柄から好きなものを選ぶことができます。

訪問着よりも落ち着いた風情の色留袖は、京都の落ち着いた街並みにもよく似合いますので、品よく着こなして、街並みを散策してみてはいかがでしょうか。

京都着付け教室でよくある相談

京都で人気の着付け教室でよくある相談としては、予定していたレッスンをお休みしたらどうなるかというものが多く、この場合には前日までに連絡をして、グループレッスンなどの場合は同じ内容の場合には他のクラスでの振替受講が無料で出来ます。

初級コースに限りプライベートでの振替レッスンが受講できるようになっています。

京都で人気の着付け教室で、その次に多い質問としては、全くの初心者でも大丈夫かということで、毎月開講している初級コースでは何も持っていない状態からレッスンをスタートする人もたくさんいるので、初回のレッスン時は必要な道具の名称から丁寧に説明されます。

また京都で開講されるレッスンでの質問としては、着物を持っていないというものも多くあります。

この場合には、肌着類以外は無料で使用できるように準備されているので、これらを使用することが出来ますが、前もって予約することが必要になります。

また京都で人気の講座の中級コースでは、着物の着こなし力をつけるためのコースなので、原則として自分の着物一式を用意するということになっています。