カテゴリー別アーカイブ: 和装前撮り京都

京都で前撮りすれば結婚式での負担が軽くなります

人生で一番輝いている結婚式を、写真に残したいとお考えの方に朗報です。スタジオ撮影も良いけれど、ロケーションの素敵な京都で前撮りはいかがでしょうか。結婚式での負担も軽くなります。

 

結婚が決まって、いざ準備を始めると嬉しい反面、本当に面倒なことばかりですね。細かい打合せの作業や費用について、色々と神経を使うことが多いものです。

準備期間をのりきっても、いざ結婚式当日も朝早くからやらなければいけないことが多いため、できれば当日の負担を減らしておくべきでしょう。
たとえば、結婚式の記念写真は前撮りをしておくことをおすすめします。疲れた表情で写ってしまうこともありません。

写真は、ちょっとした表情の撮り直しや化粧直しなどで出来が変わるものですが、当日ではそこまで時間をかけられないでしょう。そこで前撮りなら、満足がいくまで時間をかけることができますし、当日とは違う衣装を着ることも可能です。

撮影する場所はスタジオでも良いですが、京都ではいかがでしょうか。日本以外にも世界中の人々を魅了してやまない古都・京都での撮影なら、洋式・和式のどちらのスタイルでも素敵な写真に仕上がることでしょう。

京都のスタジオで行う和装での前撮り

京都の結婚式といえば和装をイメージする人も多いですが、挙式の際にはドレスをチョイスする人も多いです。

その事情としてはお色直しの兼ね合いなどもありますし、式場の混雑状況などに合わせて時間の割り振りを鑑みてそのようにする人もいます。

そして、動きやすさやドレスへの憧れからもそのようにする人もいます。しかしながら、スタジオでの前撮りに関しては和装を選択する人も多いです。
日本人ならではの民族衣装であり、文化を継承する美しい衣装を身に着けての撮影は一生の思い出にもなります。

また京都では風情ある街並みでの撮影をしたり、スタジオ内でも素敵な演出をすることで、その写真を年賀状に使ったりする人もいます。
結婚するときには一生に一度のことですので、思い出になるようなことをすると夫婦にとっても両親やその他の家族や友人にとっても幸せな気持ちが増します。

より美しく写るためにエステティックサロンなどで磨きをかけることもできます。

京都での和装の前撮りの小物について

京都など趣のある街では結婚式の前撮りを行なう人もいます。

もちろんスタジオでの撮影もできますが、町並みの風情を感じながら、しっとりとした風景と一緒に撮るのもいいものです。

また京都の風景と和装はマッチしますので人気があります。

スタジオでの場合も街での場合も、小物を用いてそれらしい雰囲気を出すこともできます。

和傘などを用いることで、着物の柄を引き立たせる効果もありますし、被写体の存在感を強調できることもあります。結婚式当日の撮影との違いは、気持ちも落ち着いていますし、肌の状態などを考慮した撮影が行えることも言えます。

さらには、感動の涙でメイクが落ちてしまうというトラブルも起こりうるため、事前に撮影する人も増えています。

事前の撮影をしておくと、本番はドレスで撮影は和装という選択肢もあり、より多くの衣装を身につけたり、たくさんの思い出を育むことができますので、男女ともにメリットがあり、とても好まれています。