目的を持って京都の着付け教室へ

日本はもともと着物の国です。
京都で着物を素敵に着こなしている方を見ると、そのよさを実感します。

着付けというと、難しそうだというイメージがありますが、教室に通うとそのイメージは払しょくされます。
京都は古都の街。
神社仏閣も多く、着物が似合います。

そんな京都を着物で歩いてみたい、など目的を持って着付け教室に通うことはとてもいいことです。

着物は堅苦しいものではなく、日常でも着ることができるものです。
コーディネートも帯の合わせ方や結び方で雰囲気が変わって楽しめますし、半襟は小さいですけれどアクセントになります。
洋服よりもバリエーションが豊富です。

着付けは習得してしまえば自分のものになります。
今では着物の用の下着なども販売されており、以前より簡単に着ることができるようになりました。

次の京都は着物を自分の手で着て行ってみるのもいいでしょう。
もちろん、京都にはたくさんの教室がありますから習うこともおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>