着付け教室での成果を京都で発表しましょう

着物で京都を散策、なんていう風景にあこがれる人は少なくありません。

しかし、着方が分からない、価格が高すぎるとった理由で着物を着ることは冠婚葬祭の時だけ、そして着付けは他人任せという人がほとんどです。日本に生まれたのにこれはとてももったいないことです。

着物は高価だといっても、母親や祖母から受け継いだ着物がたんすに眠っていたりすることもよくあります。一から揃えるとしても、本場京都産の生地などと凝らなければ、ポリエステル製で数万円程度で十分揃えられるので、洋服のおしゃれ着とあまり変わりません。

着るものがあるなら、着付けも習ってみるのがおすすめです。最近は無料で着付けを教えてくれる教室もありますが、有料の教室でも数千円の月謝で半年も通えば十分一人で着ることができるようになります。

しかも、コツさえ掴めば30分程度で仕上げられます。興味があるなら、教室の発表会へ足を運んでみるとその技を垣間見れるでしょう。

もっと簡単なのは京都などの観光地へ出かけて、現地で着物の着方を教えてもらう方法です。

一式借りて数千円で着物の良さを実感できます。

憧れの着物で京都をかなえるために一歩踏み出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>